シストレ教室Lesson2

ここではFXのブローカー(証券会社)について紹介します。
口座選び・口座開設の際の参考にしてください。不明な点等あれば遠慮なく質問ください。口座を選ぶ際に決め手となる要素は以下となります。
ロットサイズ
MT4で取引をする際に$5000以上の大きな資金がある方は別ですが、少額で始めたい方がほとんどだと思います。
その際に小さな単位で取引ができるとリスクが少なく、多くのEAを動かすことができます。
Mini Lot口座またはNano Lot口座をお勧めします。

  • Standard Lot(10万通貨単位)
  • Mini Lot(1万通貨単位)
  • Micro Lot(1000通貨単位)
レバレッジ
口座にある資金に対して何倍までの取引ができるかです。レバレッジが高ければ高いほど、少ない資金で取引ができることになります。
Spread(スプレッド)
Spreadは簡単にいうと取引をする際にブローカーが利益として差っぴく仲介料のようなものです。Spreadが小さいほど、少ない値動きでも利益となります。
特にスキャルピングなどの小さい利ザヤを狙ったシステムの場合、小さい値動きで利益を狙うため、Spreadの大きさは成績に直接影響してきます。またSpreadが可変なブローカーと固定のブローカーがあります。
DDブローカーか、NDDブローカか?
DD(Desk Dealing)ブローカーとは顧客からの注文を一旦ブローカーが受け取り、相場とのやりとりをします。
それに対してNDD(NoDesk Dealing)ブローカーとはブローカーを介することなく直接相場に接続されるブローカーです。DDブローカーではブローカーが取引を操作している可能性が否定できません。そのためNDDブローカーをお勧めします。
NFA新ルール(両建て禁止、FIFO)
USAのNFA加盟のブローカーについては同じ口座内での同じ通貨ペアの両建て(同時にBuy/Sellを行うこと)が禁止です。またFIFOルールというものもあり、同じ通貨ペアで複数のポジションを持った時にはポジションのエントリーと同じ順番で決済を行う必要があります。
両方ともシステムトレードにとっては面倒なルールです。
口座のベース通貨
口座で運用する資産を管理する通貨を指定します。
円口座は特殊ですので、システムのマネーマネジメント機能が使えない場合などがあり、注意が必要です。
入金方法
ブローカーによって対応している入金方法は多様です。クレジットカードやPAYPALで入金できれば入金にかかる時間が短く、手続きも簡単です。
銀行送金だとどうしても数日かかってしまいます。
サポート体制
当然のことながら、問題が起こった際に対応が素早いブローカーが望ましいです。
評判
ブローカーも企業ですので儲けを出さなければなりません。そこであれこれと顧客の不利益になるようなことをする場合があります。
火のないところから煙は立たない・・・そういった悪い噂が立つようなブローカーでは取引しないほうが安全でしょう。
上記を踏まえて、次項ではお勧めのブローカーを紹介していきたいと思います。
メタトレーダー教室Topへ
buriki.robo
フォローしてください!

buriki.robo

システムトレーダー at ブリキロボFX
一言でいえば、システムトレードバカです。

これまでに検証したシステムは軽く1000以上。
特に海外のトレードシステムを多く扱ってきています。
ロボットのように冷静に相場を見つめるトレードを目指します。
好きなシステムのタイプはブレイクアウトタイプです。よろしくお願いいたします。
buriki.robo
フォローしてください!

Latest posts by buriki.robo (see all)

コメントを残す